【ドラマチックコンサルティング】加藤 隆行様

コンサル・塾を受けてのご感想

日本でのカウンセリングは、行政やNPOなどがボランティアで行うものだ。

苦しんでいる人からお金をとらない、という意識や文化が根強くあります。

そのため臨床心理士などの資格を時間とお金をかけて取得された立派な方々が、ジリ貧でやってらっしゃるという現実が私の周りにもたくさんあります。

自分の中でも活動をはじめた2年前から・・・カウンセリングをビジネスとして打ち出していくことに迷いがありました。

カウンセリングは一生ボランティアレベルでもいいやという想いも少なからず芽生えており、お金を払ってもと言ってくださる人に、紹介で細々とご提供している状況でした。

その一方、「カウンセリングは今後必ずみんなに必要となるものだから欧米のようにビジネスとしてしっかりお金をいただけるものにしたいなぁ」という想いもありました。

また、サロンやインストラクター、能力開発、コンサルといった、当然ビジネスとして対価をいただく分野での集客であったり商品開発といったりという部分が、カウンセラーには合わないのではないかという心配もありビジネスコンサルを受けることに躊躇したまま月日が経っていました。

「ガンガン魅力を打ち出して売っていきましょう」的なものがとても違うと思っていたんです。

そのまま中途半端に自分でいろいろやってきて行き詰まりを感じていたところ、リザストで表示された純さんに目が止まりました。

「なんとなくこの方なら、信頼できそう」

そう感じて直感で申し込んでみたのが最初です。

まずは餅は餅屋で、いわゆる個人ビジネスの枠組みをしっかり教わってみようと思いました。

お願いしてみると、それらの心配は杞憂だったなと思いました。

純さんの考え方のベースに、Win-Winがしっかりあり、その上で「売り込みはしない」という点が、

カウンセリングにも合っているなと思いました。

たくさんのことを簡潔に的確に教えていただき、自分のやるべき事、足りないことがしっかり把握できました。

ステップ・バイ・ステップで積み上げていくことで、
気がつけば思っていたものに近いものができあがっていきました。

実際にクライアントさんに(高額な継続サービス)提供を開始してみると、

「しっかりとしたサービスとして提供してもらえたからこそ申し込みできた」

という声をいただきました。

また沢山の良い反響もいただき、サービスとしてカタチにすることの大切さを感じました。

もちろん売上にも驚くほど大きな成果がありました。

「結果にコミットするのではなく、気持ちにコミットしてあげればいい」

という言葉も、そのとおりだと思いました。

カウンセリングはノウハウやモノを売るものではないので、結果にコミットするのは難しいと感じていたんです。

しかし、逆に自分がその「結果」にしばられて届けるべきところに自分の力を届けられていないとともに、クライアントさんを信頼しきれていないことにも気づきました。

個人でのカウンセリングのサービス化や集客には、まだまだ難しい部分があるなと感じるところはあります。しかし、今回教えていただいたことをベースにより良きものを必要な方に届けられるよう工夫改善を重ねていこうと思います。

純さんのおかげで、

一歩踏み出すことができました。

ホント感謝してます。ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

【重要なお知らせ】

\ 集客力がつく、無料のメール講座にぜひご登録下さい! /

とあるサロンオーナーが自分ブランドを作り、
集客と売上を変えていくお話です。

↑ バナークリックでご登録ページへ ↑

アメブロ初心者さん向け
「販売力のあるブログの作り方」

↑ バナークリックでご登録ページへ ↑
目次
閉じる